ウェブ

Fetch as Googleで「リダイレクトされました」になった時に最初に確認すべきこと

2016/12/15

サイト開設して間もないブログも、トレンド記事はいち早く見てもらいたいと思いますよね。そんな時に「Fetch as Google」という機能を使えば、より早く検索結果に反映されるんです。

 
しかしわたくし、この機能を今までまったく使ってこなかったので、今回備忘録も兼ねて使用してみることにしました。

 
しかし……。

 

Fetch as Googleとは

Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)とは、GoogleのクローラーであるGooglebotがWebページの持っている情報をどのように取得しているかを表示する事や、URLのクローリングをこちら側から要求し、インデックスを促進させることが出来るウェブマスターツールの機能のひとつです。

 
とのこと。

 

スポンサーリンク

 

「リダイレクトされました」

早速使用を試みたのですが、早くインデックスさせたいページのURLを入力する画面で「リダイレクトされました」の表示になってしまうんです。

 
使い方を調べると、
どこもこの部分に「URLを入力」「URLを入力」「URLを入力」とある。

 
この部分 ↓
 
kjoihaio

 

 
URLのどの部分やねん……

 
すごく親切にどの説明ブログも書いてあるんですが、Googleが提供しているツールの初心者のわたしには謎。

 

しかし、考えること10分。

 
あ!

 

スポンサーリンク

 

ドメイン以下

そう、正解はドメイン以下だったのです!

 
Googleさんも実はめっちゃ親切に書いてくださっていたのに、すみません。

 
つまりこの部分の

 
oa98yiuga

 
ここを(「/」以下)

 
a90uha8a

 
ここに貼り付ける!

 
09hao8

 
できた!

 
q8nujahu

 
そして右の「インデックスに送信」を押して、「このURLのみをクロールする」を選択します。

 
0ioaj8

 
すると「完了」も文字が。

 
a983abju

 
やったね!

 

 

さいごに

もしも同じ原因で「リダイレクトされました」になった方がいたなら、この記事が参考になれば嬉しいです。

 
え、いない!?

 

スポンサーリンク


-ウェブ