映画レビュー

【ネタバレ感想】『デスノート Light up the NEW world』観てきたけど竜崎の扱いとかうーん(-.-;)

2017/01/11

ioau0938qu
 
昨日公開された映画『デスノート Light up the NEW world』を今日時間を見つけて観てまいりました。
なので感想と、ツイッターの評判等も含めて書いていこうかなと思います。

 
記事タイトルにもあるように、本文にはネタばれが含まれますので、ネタバレされたくない方はお戻りください(_ _)

スポンサーリンク

ストーリーについて

一人のロシアの医師がデスノートを手にし、患者を安楽死させるところから始まり、すぐさま日本へ舞台が変わる。
そして再び起こる「デスノート事件」のために結成されたデスノート対策チームと、Lの後継者竜崎による、デスノート探しが始まる。

 
lkio8q29

 
物語は竜崎もメンバーに加わっている状態でのスタートなので、自己紹介等はまったくない。
淡々と川栄さんがお亡くなりになり、ノート全6冊の所有者も明らかになる。

 
前作の10年後ということで、前作生き残った「松田」や「弥海砂」がそのままのキャストで登場。
でも公開前のCMで海砂がデスノート持っているところは映さない方が良かったのでは、と思う。
結果あのような形になるのは予想してなかったですが……。

 
093o2i31

 
そして松田……。
扱いがかわいそう。前回生き残ってこうなっちゃうのか……。
無念……。

 

 

竜崎(L)について

uhahuu

 
正直言いますと、この竜崎、初代Lに比べてレベルが低すぎる。

 
行動力はあるけどそんなに頭良くないっぽいしガラ悪いし。てゆーか、

 
最期の場所が便座て。

 
本名といい、もうちょっとどうにかならなかったのか……。

 
てっきり「L」の映画に出ていた、Lに「ニア」という名前を貰った子が正体だと思ったんですが、どうやら違った模様

 
aiiwoaq9

 
そして「Lを超える」、「デスノートは使わない」と言っていたにもかかわらず、新生キラに「L」の名を受け継がせるというのはLの理念が丸つぶれでは……(´・_・`)とか思ったり。

 
どうしてこうなった……。

 

スポンサーリンク

 

ツイッターでの評判


 

僕の言いたいことをなんとなく代弁してくれている。

 
竜崎「ノートが銃に勝てるわけねえだろ!」

 
これは笑えた。

 
ほんと″それを言ったらおしまいだろオブザイヤー2016″です。

 

ノートの「即死」効果を使ったマシンガン心臓麻痺とか、
完全に最後の方はバトルもの。

 
「キラの正体」やら、「兄のかたきいいいい!」やら、最後の方で2転3転は確かにしていましたが、伏線もないので「ん?」になる。

 

 

総評

正式な続編と言っても、頭脳戦がないことが最大のアカンポイント。
リュークは前作ラストでライトを助けなかったのにも関わらず、今回は紫苑を普通に助けてあげてるし……。

 
lkio8qi2oq

 
あと最後も、

 
よっしゃノート6冊集まったで! これで封印や!

 

 
輸送中テロリストに襲われてノート燃えたンゴwwwwww

 
これはちょっと……ね。

 
面白かったんですが、キャラクターの扱いが本当にこれでいいのか疑問が残る作品でした。

 

L change the WorLd (スペシャルプライス版) [Blu-ray]
バップ (2016-10-19)
売り上げランキング: 637

 

スポンサーリンク


-映画レビュー