実写版『心が叫びたがってるんだ』の映画化が決まったので改めてアニメ版の感想を語ってみる | ましろNOTE

雑記

実写版『心が叫びたがってるんだ』の映画化が決まったので改めてアニメ版の感想を語ってみる

l3i4n2l2p;

謎の実写化ラッシュ。

ついに2015年9月に公開されたアニメ映画「ここさけ」までが犠牲になった模様。

「斉木楠雄のψ難」が実写化とかマジか! と思っている間にどんどん増え続けるアニメや漫画の実写。
とどまることを知らないこの流れを誰が止めてくれるのか・・・。

 
さて、今回は『心が叫びたがってるんだ』の実写映画化記念として、アニメ版の映画感想を改めてしていこうかと思います。
映画公開すぐに見て、BDまで買った僕なので、もう一度視聴してみました。

ネタバレが含まれます。

スポンサーリンク

『心が叫びたがってるんだ』感想

ストーリーについて

003956285

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。
 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。
http://www.kokosake.jp/story/

この記事を読んでいる皆さんは知っているかと思いますが、この映画を作ったのは『あの花』スタッフです。

『あの花』は悲しみから感動を誘うものでしたが、今作『ここさけ』は違う方向から感動を誘うものとなっていました。

青春群青劇と聞いていたまさにその通り、高校生のそれぞれの葛藤を克服するストーリーであり、『ふれあい交流会』のミュージカルをする目的の中で、最終的に問題を解決させていくものでした。

率直な感想を述べますと、観てよかったと思える良作です。

 
「もう一度観たい」、とも思えます。

 
キャラクターや背景などの絵は文句なしのレベルであり、妥協点は一つもない完成度だったと思われます。

特に脚本の『岡田麿里』さんのすごさを再実感(時々やらかしますが)しました。

人がキレる時のあの感じ。リアルすぎます。
人間関係のドロドロ感を出すのが得意な方ですが、今回はそれは多すぎず少なすぎず。

最終的に丸く収めるのがうまいです。
ストーリーラインも、上げてからどん底に落とし、一番上にまで一気に持っていく。それも素晴らしい。

 

テーマについて

今回は【言葉】がテーマだったんだろうと思いますが、

劇中にあったように、「消えろ」とかを一瞬の高ぶった感情で言ってしまうこととか、反撃に出るために傷つく話を持ち出したりすることの悲惨さとか、

003960456

まさに高校生などの若者にグサッとくるものがあったんじゃないかなと思います。

その点も最終的にはいいように転がって良かったですね。

 
そして最後のミュージカル。
鳥肌が立ったのは僕だけでしょうか。

006648558

水瀬いのりさんの歌声、素晴らしかった。ソロとして歌手をしたり、シンフォギアの声優に選ばれるだけのこともあると再確認です。

演技の方も、言葉が出ない時の演技、最後の方の心からの叫び。

人をぴょんぴょんさせちゃうだけの声ではないことが、よーくわかりました。

 

総評

総評ですが、個人的にはかなり高得点。

学校の思い出がない自分でも「あー、高校生に戻りてー」って思います。

「甘酸っぱい恋してぇ」って思います。

しかし岡田麿里特有の最後に余り物がくっつくみたいな展開だけはやめてほしいと思いました。これだけいつも余計なんですよね。

 
しかし全体的にはやはりよかった。まだ観ていない方はぜひ、観てください。
最後のミュージカルは見ないと損ですよ!

「心が叫びだす~あなたの名前呼ぶよ」。これはよかったなぁ。

 

最後に一言

006057301

いのりんが言った「お前なんて時々腋臭いくせに!!!」

が素晴らしかったです。

もう一回聞きたい。

あのキレるような演技がのちのレムなんかの演技に役だってるんじゃないかと思えました。

スポンサーリンク

実写映画 出演者(キャスト)

2o1qi2no

実写版の現在決まっているキャストは以下のとおり。

坂上拓実:中島健人
成瀬順:芳根京子
仁藤菜月:石井杏奈
田崎大樹:寛一郎
http://mantan-web.jp/2017/03/15/20170314dog00m200050000c.html

主人公坂上拓実は「Sexy Zone」の中島健人くん。実写版「銀の匙 Silver Spoon」の主人公八軒役として出演したこともありました。

また、あることから声が出せなくなったヒロイン成瀬順を、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演中の芳根京子さんが演じる。

その他にも主人公の元○○の仁藤菜月役を、実写版「四月は君の嘘」澤部椿役の石井杏奈さんが演じるとのこと。

制服のデザインも忠実に再現されているようです。
7月22日公開ということですが、この少し暗めのストーリーがどうなるのか期待です。

 

スポンサーリンク


▼ このブログを購読する ▼

-雑記