PR カメラ

【レビュー】DBPOWER 4K アクションカメラ|低価格ながら多機能・高画質で大満足な製品でした

更新日:

 

IMG_62871

 
最近話題のアクションカメラ。

皆さんが聞いたことがあるアクションカメラといえば「GoPro(ゴ―プロ)」でしょうか。
しかしこのGoPro。欲しいと思ってもネックなのはその価格。本体だけで最低でも4万円弱、アクセサリセットで買うと5万円を超えてしまう高級さ。

ちゃんと使い続けるかわからないものに5万円はちょっと痛いですよね・・・。

 
そこで今回ご紹介したいのは、DBPOWERの4K対応アクションカメラ

1万円を軽ーく下回る、初心者にもおすすめの1台となっております!

とりあえずお試しにレベルではなく、本格的に使える製品ですのでぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

提供:DBPOWER様

アクションカメラでなにができるの?

mpYiKiQfT4S._UX960_TTW_

アクションカメラって普通の家庭用ビデオとなにが違うのでしょうか。

基本的な「ムービー撮影」「写真」などできることは同じです。

大きな違いは、手のひらに収まるほどの小型設計なため、自転車・スキー・スノボなどのスポーツ等、主に身体を動かす時に身に着けて動画が撮れるという点にあります。

自撮り棒なども装着できるため、周りの人と一緒に映りながら撮影もできます。

 
また防水機能があるものに関しては海やプールなどでも使用出来たり、とにかく名前の通り「アクション」時に使うカメラなんです。

ドライブレコーダーにもできたりするので、様々な用途に使うことができます。

 
このDBPOWERのカメラは4K撮影にも対応しており、HDよりもさらに鮮明な記録を残すこともできます。

この小さなサイズで4K対応、それも安いのはありがたい。

 

スペック

動画解像度 4K@25fps/2.7K@30fps/1080p@60fps/1080p@30fp/720p@120fps
写真の解像度 12M(1,200画素)/8M/5M/4M
ビデオモード 常時録画、ループ録画、タイムプラス
電池 リチウムイオン充電電池1050mAh
記録形式 動画:MOV 静止画:JPEG
表示言語 日本語/英語/中国語/ドイツ語など
記録時間 1080P/約120分
充電時間 約2時間

クラス10のmicroSD推奨

クラス10以下であっても撮影自体はできるのですが、試しにクラス4の4GBと16GBのSDで撮影しようとしたところ、4K撮影が不可(設定で選択できない)になっていました。

クラス10に切り替えたら撮影できたので、4Kモードが選択できない等ありましたら、お使いのSDカードがクラス何なのかを確認してみてください。カードの表側に「④」とか「⑩」と表記されています。

旅行等で使うのであれば、SDの容量は最低32GB~。なるべくなら64GBを使用した方が無難です。4K撮影は想像以上に容量を使います。

※microSDは付属しないので別途必要です

 

付属品

IMG_6238

IMG_6241

しっかりした箱の中にはこのようなハードケースが。
ストラップもついています。

 
IMG_6243

2つに仕切られている収納しやすいケースです。

 
IMG_6245

IMG_6246

付属品がとにかく大量にあったのが驚きでした。
基本的なマウントだけで7種類、ヘルメット用のマウントも付属しています。

 
IMG_6262

嬉しいことに、バッテリーを装着しようとしたところ、すでに中に入っていました。
つまりバッテリーが2つ付属しているんです。

太っ腹ですな。

 

外観・デザイン

カラーはブラックとホワイトの2種類から選べます。

今回いただいたブラックですが、マットな質感でとてもおしゃれ。指紋が付かない・つまり汚れにくいです。
外に持ち出す機会が多いカメラなのでそのあたりは大事。

まったく安っぽさは感じられません。

 
IMG_6299

正面はマットでフラットな質感ですが、横はこのように網目状のデザインになっています。

正面向かって左側には選択したりする上下ボタンがついています。

 
IMG_6308

反対側にはカードスロット、充電用のmicroUSBポートと映像出力のmicroHDMIのコネクタがあります。

 

操作方法

IMG_6272

正面のこのボタンは電源ボタン。長押しで「ON」「OFF」ができます。
また起動中にこのボタンを押すことで、

「ムービー」→「カメラ」→「バースト写真(連写)」→「タイムラプス」→「設定」の順に切り替えることができます。

※設定モードの画面にいったら、シャッターボタンで「決定」して進めます。

 
IMG_6274

ここは動画のスタート、シャッターが切れるボタンです。
また設定中の「決定」ボタンでもあります。

 
IMG_6257

この上下ボタンで設定中は画面を操作します。

また撮影画面(待機中)に「▲」で今まで撮ったものを確認できる「再生モード」に切り替わります。横のスピーカーから音が出ます。

「▼」でWi-Fiモードの「ON」「OFF」を切り替えることができます。

 

遠隔操作が可能

IMG_6290

アクションカメラとして嬉しい機能は、この遠隔操作。
付属のリモコンを使えば、わざわざ本体のボタンを押してモードを切り替えなくても「ムービー」「カメラ」のシャッターがそれぞれ切れます。

どこかに固定して撮影したい時にとても便利です。

 

マウント用アダプタが超豊富

IMG_6260

このアクセサリだけでもいいお値段しそうですが、これも付属して低価格なのだからすごい。

 
IMG_6305

正直数が多すぎてなにをどうしたらいいのか最初はよくわかりませんでした・・・。

 
IMG_6249

一応説明書に、この場合どれを使うというのが記載されているのでそちらを参照していただければと思います。

 
IMG_6267

一番使いそうなのは自撮り棒用マウントでしょうか。このように簡単にセットできます。
自撮り棒も付属しているので、すぐに使い始めることができますし、もともとお持ちの棒も使うことができます。

 
IMG_6279

自転車にも固定することができたりと、本当にあらゆる状況に応じて使い分けることができます。

 

防水ケース付き

IMG_6269

そしてまたありがたいことに防水ケースまで付属しているんですね。
普通こういうのって別売りですよね。

 
IMG_6271

しっかりとしたケースで、水が中に入ってしまうこともないでしょう。
ケースに入れてもボタン操作がちゃんとできるようになっているのも便利。

※爪が短いとケースが少し外しにくいのが難点。

 

Wi-Fi機能を使ってアプリで撮影

awewqewq

iPhone・android端末用に「iSmartDV」というアプリがあるのでそちらを入れていただければ、スマホ画面にこのアクションカメラに映されているものが表示されるようになります。

 
IMG_6323

こんな感じですね。
特に自撮りをしたい場合、本体だけだとちゃんと映されているか確認できないためこのように外部モニターとしてスマホを使うことができるんです。

 
w4tw

撮影開始や解像度変更もスマホからできるようになります。

 

GoProとの比較

個人的にGoProを持っていないので、YouTubeから動画をお借りします。

「DBPOWER(HDモデル) vs GOPRO HERO4」ということで、共に4KではなくHDでの撮影勝負になっています。

真面目に私は色合い・発色を見て、パッと見良さそうなほうがGoProだと思いました。
しかし結果は逆。

日中・夜に関してもDBPOWERの方が明るく撮れており、個人的に好みの色でした。

ぜひ参考になさってみてください。

 

4Kの画質

実際にこの4Kモデルで撮影・投稿されている外国の方がいらっしゃいました。

車載カメラとして使っていましたが、画質はめっちゃいいですね。

手振れだけ気にならなければこの値段でこの広角画質は最高です。

 

まとめ

GoProを買うほどガチではない。初めてのアクションカメラとして購入するならこれで間違いないです。

これだけ多機能でアクセサリの充実しており、なによりも安い!

私も実際に撮影してみましたが、屋内だけは少しノイズが乗るようですが、外は綺麗に撮れていました。

この価格のアクションカメラとしては特に不満はありません。

十分に「買い!」な製品です。

追記

現在取り扱いがありません。ゴメンナサイ!

2020/8/17

【SmallRig L字グリップ 2936 レビュー】SONY ZV-1の持ちやすさUP!三脚穴問題もこれで解決

  SONYのVlogカメラZV-1の欠点の一つに、三脚穴の位置の問題があります。 カメラの底、バッテリーとSDカードの取り出し口のすぐ隣にネジ穴があるため、三脚やクイックリリースプレートを取り付けている状態での蓋の開閉ができない。 つまりSDを取り外す際は必ず三脚を外す必要があります。 これが地味に大変な作業で、特に自由雲台を使っているわたしにとって、クイックリリースプレートをカメラに取り付けるのは必須。 それを毎回取り外すのがかなり面倒でした。 この問題を解決してくれるアイテムが販売開始にな ...

ReadMore

2020/5/28

バリアングル液晶がない「SONY α7シリーズ」等の自撮用ミラーアクセサリ『UURig』。欠点もあるが無いより何倍も良い

  SONY αシリーズの弱点はCanonのように液晶モニターが自撮り撮影者の方向へ向かないこと。 つまり自撮での映像確認が本体だけだと不可能。 α6400と6600に関しては前向きになるのですが、現行α7シリーズには一切そのような機構はない。 SONYがバリアングルを搭載しないのは意地なのかCanonの特許の問題なのか・・・ そこで、手軽に自分の自撮り姿を確認できると以前α7使い達の間で話題になったアクセサリを購入しました。 それがこちらのミラー型アクセサリ。 「背面液晶が映しているものを鏡で ...

ReadMore

2019/11/25

【α7RIV】MacBookPro強し!LightroomへのRAWデータ取り込みスピードと現像レスポンスの話

  Macで現像を試す   先日、わたしの自作Windows機でα7RIVのRAWデータ100枚をLightroomに取り込むまでの時間を計ってみました。 こちら 【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・ 詳細はこの記事で ↑ 結果だけ言うと、100枚で30分でした はい。 わたしのPCスペック自体はCore i7・メモリ16GB・GTX1070でそこまで悪くはないのですが、データ取り込み時にはフリーズしかけ、編集時には次 ...

ReadMore

2019/10/11

【MOZA Mini-S レビュー】コスパ抜群!折り畳めるお手軽スマホジンバル【動画あり】

  手持ちで手振れのないカッコイイ動画を撮影したい。 でもそういう風に撮るならDJI OSMOやGoProなどがメジャーどころですが、約4万円と手が出ない方も多いはず。 しかし『ジンバル』という物を使えば、それらよりもかなり低価格で今お持ちのスマホで「とてもスムーズ」で「滑らか」な動画を撮影することができるんです。 今回ご紹介するのは、MOZA Mini-Sというジンバル。 MOZAというメーカー製で、主にジンバルなどのカメラ関係に力を入れているメーカーです。 MOZA Mini-Sは低価格なが ...

ReadMore

2019/9/19

【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・

  α7RIVを購入して一週間以上経ちました。 購入前に懸念していた6100万画素というデータ量の大きさ。 α7RIVが気になっていても、やはりこれがネックになっている人も中にはいらっしゃるはず。 自分のパソコンでちゃんと動くのか・・・? 今回はわたしの環境で100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と動作に関して書いていこうと思います。

ReadMore

お得情報

現在Amazonでは、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンを実施中です!

1000ポイント + ギフト購入額×最大2.5%分のポイントが貰えます。

Amazonギフト券初回購入で1000ポイント!

※詳細はリンク先(公式)からご確認ください

▼この記事をシェアする▼

-PR, カメラ

Copyright© ましろNOTE , 2020 All Rights Reserved.