写真・カメラ

▼この記事をシェアする▼

コミケの各コスプレ撮影エリアを解説|場所の特徴や注意点など

更新日:

IMG_8804-2

コミケで初めてカメラを使ってコスプレイヤーさんを撮影したい。

でも広いしどこでどんな撮影が行われているかわからないからちょっと不安だ。

そんな方のために、コミケでの各撮影エリアがどんな場所でどんな雰囲気なのかお伝えしていきたいと思います。

夏コミの撮影しか経験がないため冬コミに関してはわからない部分が多いです。ご了承ください。

画像:うーちゃん(@uuuu1114

スポンサーリンク

撮影エリアは大まかに5か所

C94cosareamap

  1. エントランスプラザ
  2. 庭園
  3. 屋上展示場
  4. 東トラックヤード
  5. 防災公園

コミケのHPで確認するとこの5か所にてコスプレエリアが開放されています。

10時半を目途に会場入りが良い

1日目、2日目に関しては10時半くらいに到着すると割とスムーズに入場できます。カメコとして参戦するのであれば少し遅れて到着するくらいがちょうどいいです。早く来ても結局待たされますし、レイヤーさんたちも準備が終わっていません。

3日目(最終日)は大混雑の恐れあり。乗り遅れると昼過ぎまで入れないことも。
早めに来れるのであれば早めに来た方が良い。

 

エントランスプラザ

C94cosareamap-1

正面階段からコミケ会場に入り、シンボルである三角の建物の左手前にある場所が「エントランスプラザ」です。パンフレット売り場が目印。

開催年や日によって使える時間帯が違いますが、基本的に12:00から解放されます。

しかし実際は10:30頃行くとすでに人が集まりだし、11時には完全に撮影会が始まっています

青で囲った場所付近が建物によって日陰になるため、この場所から撮影を始めるとかなり楽です。

撮影方法は「並び撮影」で、囲みはほぼ見たことがありません。

過度な露出は禁じられているため、コスプレイヤーとしても一番やさしい場所。ネタ系のコスプレや王道的なみんな知っているようなキャラのコスプレが多い。


撮影者たちも割と普通の人が多い。そんなに変な人はいませんが、ポーズにこだわる人とかはたまに見る。そういう人がいると撮影に時間がかかり待たされます。

並び人数はもちろん人によりますが5~10人いたりいなかったり。一人ひとりが短めに撮ってもらえるといいんですがそうもいかないみたい。

雰囲気がかなり明るく、人の数はたぶん一番多いですが個人的にかなり好きなエリアです。

 

庭園

C94cosareamap-2

ローアングル撮影等の問題で良い評判を聞いたことがないためわたしもほぼ行くことはなかったのですが、この記事に書くため行ってまいりました。

結論から言うと、あまりおすすめできない

efrwrwfr

カメコ初心者だけではなく、初心者コスプレイヤーさんにもおすすめできません。

ここでは並び撮影がほとんどですが、何組かは囲み撮影が行われています。

ほとんどは普通なのですが、一部がやはりひどい。一部の囲みはローアングラーだらけ。レイヤーさんもそういう格好をしているので撮られることはわかっているとは思いますが、傍から見ていていい気持ちはしません。

過度な露出は禁じられていますが、スカートが短い人がいる・・・。そんな人が狙われてます。

並びでも、「後ろ姿お願いします」と言って膝裏接写野郎がいたりととにかくやべーやつを見ました。

他人に指図するおっさんやレイヤーの隣にいる謎の守護神カメコなども多い

純粋に楽しんでいる人も大勢いますが、一部がひどいためそこまでこのエリアはおすすめできません。

自販やかき氷などの屋台のようなものがあるため、少し休む時には来てもいいかも。

青で囲った上の方も小さいエリアがあるのですが、ここはまだ治安がいい気がします。狭いのでそこまで大勢のレイヤーさんはいません。

 

屋上展示場

C94cosareamap-4

西館の4Fにあるエリアで、2日目と3日目のみ解放されます。

雰囲気はエントランスプラザに似ており、ネタ系から人気・王道まで幅広いコスプレを楽しむことができます。

基本「並び撮影」ですが人気のレイヤーさんも来ることが多く、その場合は囲み撮影になることが多いです。

ローアングラーさんは最近こっちにも出没するのでエントランスよりも少し雰囲気は悪めな時もあります。

場所によっては日陰もありますが、屋上のため夏場は非常に暑くなるので注意。自販もあるので小まめに休憩しましょう。

ここは露出系はエントランスや庭園ほど厳しくないためエントランスよりも若干大人向け部分もあります。

 

東トラックヤード

C94cosareamap-3

ここは素晴らしい。

ザ・穴場撮影スポットですね。


こんな感じで、会場側と外側にレイヤーさんたちが横に並んでおり、とにかくコスプレエリアの動きやすさとしてはNo1

並び撮影多めですが、点々と囲み撮影(ほぼ正面から横並びで)が行われています。

しかしここではローアングラーたちはおらず、すごく治安が良いスポットだなと思いました。

カメラマンたちもなんか雰囲気が良い。すごく丁寧な人が多いなという印象を受けました。

並びでも多くて5人程度、そして一人一人の撮影時間が短いように感じました。

凄くスムーズに回転して非常に動きやすい場所です。

午前中は待機列がいるため来るなら午後からがよいでしょう。

 

防災公園

adfaefahttp://www.tokyorinkai-koen.jp/access/

ここに1日いてもいいレベルで楽しい

広大な敷地に散らばるコスプレイヤーたち。ネタ系から水着まで幅広いコスチューム。

IMG_9176

並び撮影もありますが、あちらこちらで360度の囲み撮影をやっています。

有名な方も大勢来ていて、わたしも「黎狱(リーユウ)」さんなどを見ることができて感動でした。


たまにギリースーツの人が潜伏しているので足元には注意。わたしも本当に気づかなくて踏みそうになりました。

ここにいればほぼ確実に有名レイヤーさんを見ることができるので、行き場がないカメコさんはここにいるときっと幸せになれるはず。

あと防災公園の囲み撮影は24-105mmのテレ端でもかなり小さく映ります。ここをメインに撮影するなら70-200などの望遠が1本あるといいかもしれません。白レンズ使いも少しいました。

 
もし会場内に入れないくらい混んでいる場合、会場での撮影は諦めて最初からこちらに来ましょう。広いので十分楽しむことができます。

特に最終日は昼過ぎでもビックサイト内に近づけない時もあります。

スポンサーリンク

個人的おすすめ撮影エリアランキング

  1. エントランスプラザ
  2. 防災公園
  3. 東トラックヤード
  4. 屋上展示場

※個人的偏見も入ってます
エントランスプラザは会場に入ってすぐなのと雰囲気もいいので、まずここで「コミケキターーー!」という雰囲気を感じましょう。

防災公園は広いのでお目当てを見つけるのが大変ですが、並びと囲みのどちらも楽しむことができます。周りが芝なのと背景に人が通ることも少ないので写真としてもいいものが撮れます。

東トラックヤードはこのまま良い雰囲気の場所であってほしい。まったりとしていて撮影が一番しやすい場所だったかもしれません。

 
撮影順としては

エントランス⇒屋上⇒東トラックヤード⇒防災公園⇒帰る

がよろしいかと。時間がなければ「屋上」か「トラックヤード」をカット。

防災公園を最後にして、近くのゆりかもめ「有明」駅から帰るのがコツ。

「国際展示場前」駅よりもひとつ前の駅になるので、比較的すいた状態で乗ることができます。15時くらいであれば余裕で座れます。

そのあと「国際展示場前」駅から雪崩のようにコミケ客が乗り込んできます・・・。

 

撮影時の注意点

囲み撮影での注意点です。
コミケのコスプレ画像をネットで見ると、向かい側のカメコさんの顔が丸出しで写っている写真がアップされていることありますよね

YouTubeで「コミケ コスプレ」みたいなので検索した動画もこのパターン多いです。

それってほぼ囲み撮影の写真なんです。

どうしてもスマホで撮った写真や暗めのレンズで撮影されたものだと背景がボケずに背景にいる撮影者たちの顔も写っちゃうんです。顔にボカシを入れない人もいるため全国に顔が晒されるパターンもあります。

なので、もし誰か知っている人にその姿を見られたくないのであれば、囲み撮影をする時は帽子を深くかぶったりするなど対策しましょう。

 

まとめ

撮影はとにかく楽しいのでその雰囲気だけは壊されたくないものです。

各自一人ひとりがマナーやモラルを守り楽しいコミケにしていけるといいですね。

 
ちなみにこのレンズ半端ない解像力です。眉毛とかまつ毛1本1本写せます。

 

IMG_8537
コミケの「並び撮影」「囲み撮影」とは?初カメコの方へ詳しく解説

  コミケで初カメコするんじゃあ! でもどんな感じでコスプレイヤーさんを撮影するのかよくわからない。 そして並びが多いのか囲みが多いのか。 初めてコミケに行くときはけっこう気になりますよね。 ...

続きを見る

0I9A8339ISUMI_TP_V
【初心者向け】コミケのコスプレ撮影におすすめのレンズ・カメラ機材

  この記事は、コミケでカメコデビューしたいけど、 どんなカメラを選べばいいかわからない レンズはどれがおすすめ? 毛穴まで写る超高解像度で撮影する方法 その他用意したほうがいいもの こんな ...

続きを見る




▼この記事をシェアする▼

-写真・カメラ
-

Copyright© ましろNOTE , 2018 All Rights Reserved.