VR

▼この記事をシェアする▼

【2019】VRヘッドセット・VRゴーグルのおすすめと失敗しない選び方【PC・スマホ】

投稿日:2019年2月22日 更新日:

 
VRヤバすぎね??

PSVRをやって以降、VRゲームにドはまりし家の中のものを壊しまっくたわたしがおすすめする、2019年版VRヘッドセット・VRゴーグルのおすすめ機種と、どれを選んだらよいかわからないVR初心者のために製品ごとのわかりやすい解説を記載していきます。

VR機器には大きく分けて4種類ある

間違ったものを買わないように最初に注意点を書きますが、VR機器を大きくカテゴライズすると以下の4つに分類されます。

  • PCVR(PC接続型)
  • 一体型VR(PC不要)
  • ゲーム機
  • スマホVR

自分の環境に合ったものを購入するようにしましょう。

これらに分けておすすめ製品を紹介していくよ

 

PCVR(PC接続型)

PC必須のVRヘッドセットです。

買う前提として、基本的にハイスペックなデスクトップパソコンが必要となります。

メモ

機器によってはノートPCでも可ですが、それでも国内メーカーの通常のPCだと厳しい

 

VIVE

PCVR界で現在一番主流なヘッドセット。

VRゲームを購入できるSteamでも、VIVEでしかできないゲームが多く出回っています。

ケーブル数が少ないため配線はしやすいですが、ベースステーションと呼ばれる装置を部屋の角2か所に取り付ける必要があるため、設置には多少のDIY感覚が必要かもしれません。

条件に達しているPCをお持ちであればこれを買っておけば間違いない。

推奨されるシステム要件 最小システム要件
プロセッサ Intel Core i5-4590/AMD FX 8350 の同等品以上 Intel Core i5-4590/AMD FX 8350 の同等品以上
GPU NVIDIA GeForce GTX 1060、AMD Radeon RX 480 の同等品またはそれ以上 NVIDIA GeForce GTX 970、AMD Radeon R9 290 の同等品またはそれ以上
メモリ 4 GB RAM 以上 4 GB RAM 以上
ビデオ出力 HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降 HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降
USB ポート 1x USB 2.0 またはそれ以降 1x USB 2.0 またはそれ以降
オペレーティングシステム Windows 7 SP1、Windows 8.1 以降、Windows10

メモ

GPUとはグラフィックボードのこと。
これを積んでいないPCではPCVRは動きません。

 

VIVE PRO

VIVEよりも高解像度で、よりVR世界に没入できるように。

しかし動作条件がその分上のスペックが要求されており、十分に機能を発揮するにはGTX 1070以上のグラフィックボードが欲しいところ。

またベースステーションが別売りになっているため、最初からVIVEを持っている方以外はプラス導入費用がかかります。

推奨されるシステム要件 最小システム要件
プロセッサ Intel Core i5-4590/AMD FX 8350 の同等品以上 Intel Core i5-4590/AMD FX 8350 の同等品以上
GPU NVIDIA GeForce GTX 1070/ /Quadro P5000 同等またはそれ以上、AMD Radeon Vega 56 同等またはそれ以上 NVIDIA GeForce GTX 970、AMDRadeon R9 290 の同等品またはそれ以上
メモリ 4 GB RAM 以上 4 GB RAM 以上
ビデオ出力 DisplayPort 1.2 またはそれ以降 DisplayPort 1.2 またはそれ以降
USB ポート 1x USB 3.0 またはそれ以降 1x USB 3.0 またはそれ以降
オペレーティングシステム Windows 10 Windows 7 SP1、Windows 8.1 またはそれ以降、Windows 10

 

Oculus Rift CV1

VIVEに続くシェア数(たぶん)のPCVRヘッドセット。

わたしも使っており、解像度等も十分で楽しめています。

ただしVIVEに比べてケーブルの本数が少し多く、HDMIケーブルやUSB3.0が3つ必要など配線が少し面倒

価格が発売当時から現在半額近く値下がっており、最近Amazonで正規品が販売され始めたため非常に手に入れやすくなりました。

注意点としては、Steamで販売されているVRゲームでOculus対応していないものも多いです。

VIVEはほぼ対応しています。

推奨されるシステム要件 最小システム要件
プロセッサ Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500Xの同等品以上 Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200, FX4350 の同等品以上
GPU NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480 同等またはそれ以上 NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470 の同等品またはそれ以上
メモリ 8 GB RAM 以上 8 GB RAM 以上
ビデオ出力 DisplayPort 1.3 またはそれ以降 DisplayPort 1.3 またはそれ以降
USB ポート 3x USB 3.0 ports plus 1x USB 2.0 port 1x USB 3.0 port, plus 2x USB 2.0 ports
オペレーティングシステム Windows 10 Windows 10

 

Windows Mixed Reality

Microsoftが提供するVRヘッドセット

一番の特徴は、VIVEやOculusRiftとは違い、内部にトラッキングシステムが組み込まれていること。

PCの接続自体はありますが、部屋に他の機材(VIVEのベースステーションのようなもの)を設置しなくてもよいということ。

部屋をごちゃごちゃさせたくない方におすすめできるヘッドセットです。

配線がシンプルなので、3Dゲーム用のハイスペックノートPCでも動かすことができるようです(詳しくは公式HP で)。

Windows Mixed Reality Windows Mixed Reality Ultra
プロセッサ Intel i5-7200U / AMD Ryzen 5 1400(3.4Ghz)の同等品以上 Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1400(3.4Ghz) の同等品以上
GPU NVIDIA GTX 1050 / AMD Radeon RX 450/560 同等またはそれ以上 NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 470/570 の同等品またはそれ以上
メモリ 8 GB DDR3 デュアルチャンネル 以上 8 GB DDR3 以上
ビデオ出力 HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2 HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2
USB ポート USB 3.0 Type-A または Type-C USB 3.0 Type-A または Type-C
オペレーティングシステム Windows 10 Fall Creators Update 以降 Windows 10 Fall Creators Update 以降

 

一体型VR(PC不要)

PCやスマホいらずでVRを体験できる低価格独立VRヘッドセット

わたしも所有しており、非 常 に お世話になっているVR機器です。

PCと接続しないということはコードレスであり、寝転んだり自分の好きな体勢で楽しむことができます。

NetflixやDMM(VR含む)の動画をこれ単体で観ることができるため、動画鑑賞用に使用している人多数。

欠点としては、空間内の物に近づくことができないこと(上下左右は見渡せる)。

そしてSteamのゲームはできないことです。基本的にOculus goは動画専用機として使う人が多いように思います。

 

ゲーム機専用

PSVR

PS4に接続する、現在唯一家庭用ゲーム機に接続できるVRヘッドセット

PS4が必要になりますが、PC接続のVR機器に比べて接続や設定のトラブルが圧倒的に少なく、一番初心者におすすめ。

また高いハイスペックPCを買う必要もなく、PS4と一緒に買っても10万円以内に収まるのもポイント。

YouTube VRやDMM、Amazonビデオなども見ることが可能。また3Dのブルーレイソフトも再生できるのも嬉しい。

 

スマホVR

SAMONIC 3D VRゴーグル

SAMONIC 3D VRゴーグル 「イヤホン、Bluetoothコントローラ、日本語説明書付属」 (ブラック)
SAMONIC

3,000円以下で買えるAmazonベストセラー(2019.2)。評価400件以上の人気商品。

Bluetoothコントローラとイヤホンが付属しており、これとスマホがあればVRが体験できるお手軽セット。

VRに何万円も出せないけれど、とりあえずどんな風に見えるか試してみたいという方はぜひこれを。

4.0~6.0インチ対応

 

Canbor VR ゴーグル VRヘッドセット

2,000円以下で買えるAmazon's Choice(2019.2)製品。

こちらはコントローラー付属、ヘッドホンも搭載しており、まるでハイエンドPCヘッドセットのような外観。

上のSAMONIC製よりは品質が劣っているようにも見えますが、それでもこの価格でVRを楽しめるのであれば十分でしょう。

4.7~6.2インチ対応

 

さいごに

VRはいいぞ。

個人的にまず使ってほしいのはやはりOculus go

DMM専用機としてでもこの価格で買えるのならコスパ良すぎな気がします。

PCVRはさらにその上の世界。

Oculus goよりももっといいものが見れるのかよ!!?

という方は少しずつステップアップしていきましょう!

ほんと、すごいです・・・///

 



スポンサーリンク

▼この記事をシェアする▼

-VR

Copyright© ましろNOTE , 2019 All Rights Reserved.