PS4

▼この記事をシェアする▼

【FF15DLC】エピソードイグニスネタバレ感想・評価!この終わり方は神ゲーとしか言いようがない

更新日:

FINAL FANTASY XV_20171213135726

ついに3人目。

我らがノクティス君の側近イグニスのDLCが配信されました。

一体なぜ本編で目が見えなくなったのか。なぜその後目覚めたノクトにこの旅を終わりにしようと言ったのか。

 
すべてわかります!

 
今回は特に今までなんでやってこなかったんだよというレイヴスのエピソードも組み込まれています。

まだ本編しか出ていなかったころ、13章あたりでこんなことがありましたね。

oi8a98kja

「これだけは言いたいんだけどさ、

 
チャプター13を作ったやつは俺は許さんからな」

 

 
oi8a98kja2

「許さんからな」

というのも、13章では長ったるいエピソードに加え、中村悠一さんが演じるレイヴスが、わけもわからないうちに敵になり死ぬというクソっぷり。

それが今回のDLCにより、ついにレイヴスが完全に報われたのです!!

 

演出がいい意味で憎い

FINAL FANTASY XV_20171213140032

イグニス、そしてノクトがまだ幼さを残すころの2人の出会いが描かれていました。

レギスは本当にいい王様だなぁ。

 
FINAL FANTASY XV_20171213140054

まだ純粋だったノクトとのこの握手。

そしてこの笑顔・・・。

 
FINAL FANTASY XV_20171213152436

10年後の世界。「やっぱ辛えわ」の後の2人の会話。

 
FINAL FANTASY XV_20171213152512

おっさんになったノクトも、心の中はあの時と同じ優しい少年だった。

 
FINAL FANTASY XV_20171213152533

FINAL FANTASY XV_20171213152539

 
ここやばいよね!!

 
僕はこの最初のエンドで完全涙腺来た。

だってイグニス泣くし・・・

死ぬ気で守りたい友に優しい言葉かけてもらえて、イグニスの心は本当に報われたのではないでしょうか。

 

レイヴスの本心

何度かノクトたちの前に立ちふさがったルナフレーナの兄レイヴス。

このエピソードではそんなレイヴスの本当の気持ちを知ることができた。

FINAL FANTASY XV_20171213144521

物語の途中でイグニスとの会話でこんな選択肢が。

なぜ帝国を敵に回す?

その答えがこうだ。

 
FINAL FANTASY XV_20171213144536

「妹を助けるのに理由がいるのか?」

ここはしびれたぜレイヴスの兄貴!
前々からシスコン疑惑があったけれど、やっぱり妹が大事だよね!!

 
FINAL FANTASY XV_20171213150847

そして、ここからがやばい。
ぶっちゃけさっきのイグニスエンドよりこっちのが泣ける。

愛する者の隣で笑う、ささやかな幸せを叶えてやりたかった

 
FINAL FANTASY XV_20171213150857

ノクトを守り死んだルナフレーナ。
ノクトが弱いせいだとノクトを殺めようとか、イグニスに八つ当たりもしたが、結局は自分の非力さに後悔し、本当は妹の幸せを誰よりも願っていたのだ。

この男が仲間になっていたら。最高だっただろうな。
そう思った。

でも、ifエンドでそれが叶うのです。

興奮のあまりキャプを撮り損なったのですが、ifルートでは10年後決戦の地に向かう時、年を取ったレイヴスはノクトに剣を渡し3人と共に歩き出すのです・・・!

ほんとやべぇ。

ifだけどこっちのがぶっちゃけトゥルーエンドやん・・・。

 
DLCにしておくのがもったいない完璧なストーリーとなっておりました。
これで中村さん納得したかな。

 

ルート分岐

 
1周目ではノクトがアーデンに殺されそうになった時に、アーデンと戦う決意をした。
そして2周目ではアーデンについていくことでノクトが救われた。

2つともそれぞれ終点が違います。

1周目では本編通りの展開になって終わるルート。
2周目ではイグニスは失明せず、ノクトも生存。さらにレイヴスも生きていて、10年後世界で最後は共に戦うルート。

どちらにせよルーナは死にますが、本当にたどり着いて欲しかったのは2週目のifですよね。
てか元々が普通に分岐ルートでよかったじゃん。

 
ちなみに。
2周目はノクトが最後戦った状態のスーパーアーデンマンと戦うのですが、ここがけっこう辛い。
ノーマルモードだと初見クリアはなかなか難しいのでは?

FINAL FANTASY XV_20171213154828

スーパーイグニスマンでも時間かかるしポーション足りない・・・。

3回目でようやくクリアしました。

 

 

イグニスの失明

ここでキングスレイヴとちょっと繋がっていて嬉しかった。

FINAL FANTASY XV_20171213151441

イグニスが王の指輪をはめてアーデンに立ち向かうのですが、「その身を犠牲にして指輪の力を使った人がいる」発言。

Kingsglaive001004670-720x299

Oh...ニックス!

 
FINAL FANTASY XV_20171213151527

同じように死を覚悟して戦う姿は素晴らしかった。そしてイケメンだった。

 
FINAL FANTASY XV_20171213155308

結局イグニスの目は負傷ではなく、指輪の力を使った代償だったんですね。

なんとなくあの惨事で瓦礫でも目に当たったのかと思ったらそうではない様子。

なるほど。けっこう考えられて作られていたのね。

 

アクションも面白い

今回は最初魔導兵から奪った装置でワイヤーアクション操作ができるように。


落ちそう落ちそう! ワイヤーひゅん! 落ちなーい。

この流れがたまらない。

ノクトのワープと勝手が違ってとても面白いアクションでした。

 
またイグニスは属性攻撃を変えながら戦うスタイルでしたが、ノクトはやらない細かな打撃のような剣さばきは爽快。


ノクトよりも扱いやすい気がしますね。
本編でも操作キャラ変えれるようになったらしいので今度試してみよう。

 

まとめ

いやぁこの気合いの入れよう。

今回は特に素晴らしかった。

 
ゴリラ編とはいったい何だったのか。

FINAL-FANTASY-XV_20170328131111

プロンプト編も気合い入ってましたが、今回はそれ以上楽しめました。

本編で納得できなかった人は今回のエピソードだけぜひやってもらいたい。個人的に納得の出来でした。

そうか、イグニスはノクトの最期についてネタバレ喰らっていたんだね。

FINAL FANTASY XV_20171213145307

さぞかし辛かっただろう。
ありがとうイグニス。おつかれさん。

 




▼この記事をシェアする▼

-PS4
-

Copyright© ましろNOTE , 2018 All Rights Reserved.