PC

▼この記事をシェアする▼

【レビュー】BESTEK製モニターアーム|ポールが固く高さ調整が難しい。けれどそれ以外は問題なし

投稿日:

IMG_6369

 
こんにちは! いつもましろNOTEをお読みいただきありがとうございます。管理人のMiD(@mashironote)です!

この度デスクを買い替えたため、今まで耐荷重的問題で導入できなかったモニターアームを導入してみることに。

それで色々と調べた結果、ベストセラー1位になっている「BESTEK」のモニターアームを選択しました。

この記事では、なぜ数ある中からこのBESTEK製にしたのかと、今後買う方のために組み立てにどのくらいの作業が必要なのか

そして実際に使用してみての感想を書いていきます。

 

BESTEK製にした理由

まず、今使っているモニターがEIZOの23.8インチ。重量が6.2 Kgで支えられるものが条件になってきます。

 
そこまで頻繁に動かすことはしませんし、とりあえずモニター下に物を置ける程度ができればいいので3000円以内で買えるものを候補に入れました。

 

候補⓵ グリーンハウスGH-AMC03

 
まっさきに候補に挙がったのがグリーンハウスのアーム。Amazon見ていてもこれは必ず上の方に表示され、評価も1,000件以上ある大物。お値段も2,000円台半ばでお安い。

ただ高評価の割合が多いのですが、評価件数が多いため、その分低評価も見えてきて唸ってしまいました・・・。

 

候補⓶ FLEXIMOUNTS M21

 
30インチ10KGまで対応とあり、細い外観とは裏腹に耐久性などは十分そうに見えます。

しかしレビューを見ていると、☆5個と☆1個が両極端。
読むと、モニターが重さに耐えられずおじぎをするとか、ネジ穴に入らないとか、支柱にささらないとか色々書かれていまして。

ちょっと厳しいかなと。

 

候補③ BESTEK BTSS01BK

 
そしてこちらが今回購入したモニターアーム。27インチ、耐荷重10kgまでOKな製品。

お値段は2000円台半ば。グリーンハウス製のものと同じくらいの価格帯。
評価は200件以上入っており、☆4.5。

読んだ感じほぼ☆5に近く非常に満足のいく製品らしい。目立った低評価は製品上の欠陥というかちょっと違うアレだったので問題なさそう。

ってことで、今回はBESTEKのモニターアームを選択しました。

 

組み立て

この製品の組み立てがどんなものか関心ある方はご覧ください。

IMG_6327

モニターアームってすごく組み立てめんどくさそうで、パーツも多いんだろうなと思っていたらそうでもなかったです。付属品もシンプルでこれだけでした。

 

IMG_6328

IMG_6329

まずポールにこのパーツを取り付けます。六角レンチ自体は付属していますが、こういう↓製品があると便利ですよ。

 
IMG_6330

次にクランプのこの金属にデスクが傷つかないようにゴム製のシールを貼ります。これはありがたい。

 

IMG_6333

IMG_6334

外側2つに指定のネジを取り付け、先ほど作ったポールとくっつけます。

 
IMG_6336

と、その前に!
わたしは忘れていたのですが、ポールとクランプをネジで止める前にこの保護シールも貼りましょう。最悪この順番でも問題はないです。

 
IMG_6337

ここまでできたら、ポールだけデスクに取り付けます。

 

IMG_6338

IMG_6339

続いて取り付けるモニターの作業です。通常のモニターであればこのように裏側にネジ4つでスタンドとくっついているはずなので、それを外します。
プラスドライバーを使用します。付属していません。

 
IMG_6347

そして付属のネジで外した部分にこのパーツを取り付けます。

 
IMG_6365

最後にポールに挿し込みます。

 

ポールが固い

ポールに挿すのですが、ここが少し難関でした。

結論から書くと、高さを下げるのにくっそ力が必要でした。

最初数cmズボっと行ったのですが、その後動かず「あれ??」

挿し込みの角度とかそういうのがあるのかなと思い引き抜こうと思ったのですがちょっと固い。
また挿してみて強めに力を入れたらグググっと入っていきました。

ただ単にキツかったらしいです。

この記事を「ポール 固い はまらない」などの検索から来て読んでいる方、思いっきり力入れましょう!!

グイグイ左右に動かしながら押し込むと動きます。逆もまた然り。

※レビュー見てもあまりこの意見がないので、個体差あるのかも。

 

縮めた状態と伸ばした長さ

2017-12-19 13 33 09

一番奥にやった状態だとこんな感じ。モニターの奥行もあるかと思いますが、このモニターの場合、デスクの端から約12cmほど手前に来ます。

 
2017-12-19 13 32 25

そして手前の方に伸ばすとこのくらい近づきます。

約50cmくらいまで引き寄せられます。

 

使ってみた感想

IMG_6369

脚があるとモニター下に物を置きづらいのですが、アームを使用することでスペースがかなり広がります。

見た感じもスッキリで満足。

 
IMG_6359

今までモニター脇に追いやられていたこの子たちも目の前に来てかわいい。

 

モニターの可動域に関して

手前に引き寄せたり左右への首振りに関しては、ちょうどいい固さです。
固すぎず緩すぎず。自然に動いてしまうということはないでしょう。

90度(真横)以上左右に振れるので、会社などで横の人に見せるという場合も問題ないでしょう。

また固く締められるので、重量的なモニターのお辞儀が心配な方はそこまで心配しなくてもいいんじゃないかと思います。

ちなみに縦向きにも置けますのでご心配なく。

 

残念なポイント

欠点としては、組み立ての箇所で書きましたがポールの部分が固いので上下の調整がしにくい点。
個体差があると思うので一概には言えませんが、僕の場合はけっこう固めでした。

ただ他のアームも同じようなレビュー書かれていますし、一度設置してしまえばもう動かさないので特に問題ないです。

高さを頻繁に動かすというような人はワンランク上のガススプリング式をおすすめします。

 

まとめ

お値段的に非常に満足です。

24インチでもまったく問題ないですし、組み立て・設置自体も20分かかってないと思います。
説明書も親切でわかりやすく解説されていました。

とりあえずモニターアームを体験したいならぜひ候補にこちらも入れてみてください。

 




▼この記事をシェアする▼

-PC

Copyright© ましろNOTE , 2018 All Rights Reserved.