【レビュー】Apple WatchとiPhoneを同時に充電!「Oittm多機能スタンド」がめっちゃ便利! | ましろNOTE

PR アクセサリ レビュー

【レビュー】Apple WatchとiPhoneを同時に充電!「Oittm多機能スタンド」がめっちゃ便利!


DSC01600

 
AppleWatchユーザーの必須アイテムです!

やっはろー! いつもましろNOTEをお読みいただきありがとうございます。管理人のMiD(@mashironote)です!

 
AppleWatchの充電って置くだけでできるので非常に便利。
でもあの充電器は軽いので、あれだけだと定位置に固定して置くことも難しいですし、充電中に本体の重さのせいで傾いちゃう。そんなこともあります。

こんな時に便利なのは「AppleWatchスタンド」!

そもそもAppleWatchユーザーはiPhoneユーザーでもあるので、どちらも一緒に充電できる場所があれば便利だと思いませんか?


そりゃそうね

今回はOittm様より「iPhone」と「AppleWatch」を同時に充電できる多機能スタンドを提供いただきましたので、その魅力をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Oittm 多機能充電スタンド

 

仕様

製品寸法
200×90×36.5mm
素材
アルミニウム
カラー
シルバー、ブラック
保証期間
12ヶ月
パッケ-ジ内容
本体、アダプター、英語取扱説明書

 

対応モデル

対応モデル
Apple Watch Series 3、Series 2、Series 1、Edition、Nike+、Sport
iPhone X、iPhone 10
iPhone 8、iPhone 8 Plus
iPhone 7、iPhone7 Plus、
iPhone 6/6s Plus、iPhone 6/6s、
iPhone 5/5c/5s、Samsung、Sony
iPad Air/Air 2/iPad mini/iPad Pro など

 

開封

DSC01555

こちらがパッケージです。色はシルバーをいただきました。
設置後のデザインが写っていますが、Apple製品に合っていて、シンプルでいい感じ。

「PLUG US」とありますが、日本で使用できる通常のコンセントで問題ありません。

 
DSC01559

開けるとそこにはスタンドの台座が・・・

なるほど組み立て式か。

 
DSC01562

付属品その①
ケーブルとiPhoneの背部分にあたる部分。
そしてマニュアルは英語になっています。

 
DSC01564

付属品その②
スタンドの中から細かいものがたくさん出てきました。

これは一体なにをするものなんでしょうか。

 

組み立て方

DSC01569

組み立て方も載せておきます。

まず付属してきたこの白い大き目のパーツに、iPhoneのライトニングケーブルを挿しこみます。

ケーブルは付属しません。

 
DSC01571

そしてこの小さなゴムのパーツを取り付けます。

 
DSC01594

iPhoneにケースを付けていて干渉する場合、通常よりも小さいパーツを付けることで解消されるかと思います。

2セットずつ付いてくるので無くしたとしても安心。

 
DSC01573

そして完成したこのパーツをフタ部分に取り付けていきます。

向きはこの写真と同じようにしてください。

 
DSC01578

続けてAppleWatchの充電器を、付属してきたこのパーツに取り付けます。
ぐいっと輪っかの中に入れちゃってください。(へこんでいる部分が充電側)

 
DSC01579

そしてこちらもフタ部分にセット。

 
DSC01581

そうしたら、スタンド内に入るケーブルが邪魔になるので、付属してきたケーブルストッパーでまとめます。(iPhoneとAppleWatchのケーブルを一緒にまとめる)

 
DSC01582

ケーブルをまとめたら、スタンド内に2つUSBポートが内蔵しているので、両方そこに挿します。

 
DSC01584

最後にフタを閉めて終了です。フタが閉じない場合、ケーブルの巻き方を調整してみてください。

 
DSC01585

また、このフタの上部分にiphone側のケーブルが固定できます。きっとこれでフタが閉まるはず。

 
DSC01586

これで95パーセント完成です。

 
DSC01587

最後にコレ。iPhoneの背中に当たるアルミパーツを取り付けます。

 
DSC01588

まずは仮止めで、付属のネジを回して固定します。

 
DSC01589

そして実際にiPhoneを充電器に挿して、前後を調整しましょう。

 
DSC01592

お疲れさまでした。これで完成です。
あとは裏側にある電源ソケットにケーブルを挿して、コンセントで通電させましょう。

※作業時間5分~10分

 

レビュー

DSC01603

実際にiPhoneとAppleWatchを充電させてみました。
しっかりと充電できています。

ちなみにここで初めて気が付いたのですが、AppleWatchって横にして充電すると時計代わりになるんですね。これは地味に便利。

 
DSC01604

iPhoneは調整したおかげでサクッと挿さりますし、AppleWatchのほうも今までと違い完全に固定されているので、かなり簡単にピタッとくっつけることができるようになりました。

 
DSC01605

僕は主に充電は寝るときにするので、ベッドに設置してみました。
今まではケーブルが枕元にあったので邪魔でしたが、これならケーブルも収納されていますのでとてもスッキリ!

 
DSC01595

ちなみにスタンドの背面にはUSBポートが3つ付いています。
通電されていますので、ここに他のケーブルを挿して他の機器を充電させることも可能。これも嬉しい。

 

良かった点
✔iPhone・AppleWatchを一緒に充電!
✔Apple製品に合うアルミボディがかっこいい
✔ケーブルがスッキリ収納できる
✔iPhoneだけではなく、iPadなども挿せる
✔裏面のUSBポートで他のデバイスも充電可能

ちょっと残念な点
✔マニュアルが英語のみ

 
ひとつだけ残念なのが、マニュアルが英語なこと。

一応組み立て方の絵は載っているのですが、文字が英語なのでその手順がわからないことも。

なんとなくで組み立てもできますが、もしわからなければこの記事見てもらえればOKです!

 
実際に1週間ほど使用しましたが、特に欠点もなく自信を持っておすすめできる製品です。

今回は別途に設置しましたが、もちろんデスクにも置くとおしゃれだと思います。カラーはシルバーとブラックがあるので、家具やiPhoneの色に合わせたものを選ぶといいでしょう。

 
AppleWatchを購入してまだスタンドを買っていない方、ぜひこちらも検討してみてください。

 

スポンサーリンク



-PR, アクセサリ, レビュー
-,