カメラ

▼この記事をシェアする▼

【M-Toro】スマホ三脚レビュー!自撮り棒にもなりBluetoothシャッターが使えて超格安!

投稿日:

IMG_6682

 
しっかりとしたスマホ用三脚で安いものをお探しの方! これはいいものです!

いつもましろNOTEをお読みいただきありがとうございます。管理人のMiD(@mashironote)です!

本日レビューするのは、M-Toroというメーカーのスマホ用三脚で、Amazonでベストセラー1位になっている商品でございます。

 
急遽スマホで集合写真を撮ることになったもので、とりあえず撮れればいいやという感じで選択したのですが、これを選んでマジ正解です。

その理由をこの記事では取り上げていきたいと思いますよー。

スポンサーリンク

M-Toro スマホ三脚

IMG_6679

購入したのはこちら

 

付属品

  • 三脚
  • 説明書
  • スマホホルダー(アタッチメント)
  • リモコン
  • USBケーブル

IMG_6681

こちらが三脚の本体で、長さはこの状態でおよそ20cm。

コンパクトかと言われるとそうではないですが、重さ235gで安定感が感じられます。屋外での使用でも少し強めの風ならいけそう。

 
IMG_6682

卓上での使用はこんな感じ。

 
IMG_6686

少し伸ばして使用することも可能です。(画像は傾いていますがご安心ください。脚を伸ばし切っていないだけです)

 
IMG_6689

スマホを固定するアダプターです。幅5.2cm~10.5cmに対応しています。

固定はバネ方式ではなく、固定してから上のネジを回して締めます。強めに締めれば落ちることはないでしょう。

 

IMG_6692

IMG_6694

このように縦での撮影、横にしての撮影両対応となっています。ほんと傾けるだけなので、ネジの調節などいらず楽。

スポンサーリンク

 

リモコンでワイアレス撮影ができる

IMG_6695

リモコンが三脚内に内蔵されています。簡単に外れて、アプリなどを取得することなく使えます。

 
IMG_6700

右にON・OFFスイッチがあり、ONにすると青く点灯します。
説明書にも載っていますが、スマホ側のBluetooth設定でこのリモコンをONにしたら、あとはもうカメラを起動した状態でシャッターボタンを押せば写真が撮れちゃいます。(Bluetoothの範囲はおよそ10m)

 
IMG_6702

充電はこのように付属してきたMicroUSBを挿すことで可能。電池式ではないことに評価です。

 

自撮り棒としても使用できる

IMG_6705

このように自撮り棒としても使えます。
ワイアレスでシャッターが切れるので、自分の好きなタイミングで撮影できるのは嬉しいポイントです。

通常の自撮り棒はケーブル繋いだりしないとシャッターが切れなかったり、100均のものはタイマーセットしないとだめだったのでこれは大きい。

 

6段階伸縮調整

IMG_6713

IMG_6714

ご覧の通り、めっちゃ伸びます。

最長1mとのことです。もともと20cmで卓上三脚として優秀ですが、高さがこれだけ調整できればあとはもういりません。

もちろんこの長さで自撮りできますので、大人数で撮るときなど便利そうですね。

 

まとめ

IMG_6709

ポイント

  • すべてのシーンで活躍
  • Bluetoothシャッター
  • 卓上(20cm)から高い場所まで(1m)

これ一本で何役もできちゃうので、旅行先などスマホで撮影を完結させるような方はこれを選んでいただければ問題ないでしょう。

そして驚きなのがこの安さ。1000円台です。

最初卓上用としてマンフロットという大手メーカーのMKPIXICLAMP-BKを買おうかと思ったのですが、卓上オンリーで尚且つお高いのでやめました。

個人的に機能面はこちらのほうがスマホ用三脚としては勝っているかと思います。

もしスマホ三脚で迷ったら候補にしてみてください!

 




▼この記事をシェアする▼

-カメラ

Copyright© ましろNOTE , 2018 All Rights Reserved.