アクセサリ

【SmallRig L字グリップ 2936 レビュー】SONY ZV-1の持ちやすさUP!三脚穴問題もこれで解決

投稿日:

 

 
SONYのVlogカメラZV-1の欠点の一つに、三脚穴の位置の問題があります。

カメラの底、バッテリーとSDカードの取り出し口のすぐ隣にネジ穴があるため、三脚やクイックリリースプレートを取り付けている状態での蓋の開閉ができない。

つまりSDを取り外す際は必ず三脚を外す必要があります。

これが地味に大変な作業で、特に自由雲台を使っているわたしにとって、クイックリリースプレートをカメラに取り付けるのは必須。

それを毎回取り外すのがかなり面倒でした。

この問題を解決してくれるアイテムが販売開始になったのでこの記事でご紹介したいと思います。

SmallRig L字ウッドグリップ 2936 レビュー

外観

痒い所に手が届くカメラアイテムを製造・販売しているSmallRigで購入しました。

 

L字型のコンパクトさと木製のグリップが印象的なアイテムで、見ていただいてわかるようにいたるところに三脚のネジ穴が用意されています。

底だけで12個空いているのは驚き。

 

側面にも三脚穴があり、縦位置での撮影にも対応。

 

取り付けは中央部分を付属している六角レンチにて軽く締めるだけ。

 

SD・バッテリーの蓋周りは完全にくり抜かれているため開閉にはまったく干渉しません。

やや蓋が奥まった位置になったため取り出しにくいのかと思いましたが、意外とスムーズに抜き差しが可能です。

 

装着イメージ

装着イメージはこんな感じです。ワンポイント木目のグリップが加わった分高級感が増しました。

ただZV-1のボディ素材がプラスチックに対し、このグリップはアルミなのでその落差はどうしても感じてしまいます。

 

持ちやすさ・グリップ感

持ちやすさに関してですが、ZV-1はノーマル状態でも小さいグリップがあります。

ただ実用度的には「無いよりはマシ」程度で、ストラップなしでの外での撮影は指の引っかかり具合が若干心配。

指3本で少し引っかけて持っている程度。

 

SmallRigのグリップを装着すると、かなりグリップが盛り上がったのがわかるでしょうか。

グッと指全体で包み込むようにカメラを持つことができるようになったので、かなり安定感が増しました。

更に縦幅がグリップ装着によって増したので、小指まで使ってホールドできます。

下手なミラーレスカメラよりずっと持ちやすい。

 

クイックリリースプレート装着

ついにプレートをバッテリーの蓋から離れた位置に装着できるようになりました。

 

蓋を開けても干渉することはなく、これで快適に運用できるように。

 

まとめ

これは買ってよかった。

クイックリリースプレートを取り外すことがなくなるだけでも十分なのに、グリップが大きくなったおかげで握りやすさが倍以上は良くなったように思います。

今回紹介した「SmallRig L字ウッドグリップ 2936」。

記事執筆時点ではAmazonでの取り扱いはなく公式サイトのみの販売です。いつかはAmazonでも販売されるとは思いますが、いつになるかはわかりません。

もしすぐほしいという方は公式サイトでの購入をおすすめします。

海外サイトなのですが日本語対応しているので買いやすいです。支払いはPayPalか振込だったと思います。

それではよきZV-1ライフをお送りください。

公式サイトSmallRig Sony ZV-1用L字型ウッドグリップ 2936

↓ SmallRigではないですが、現在これがAmazonで取り扱いがあります。

2020/8/17

【SmallRig L字グリップ 2936 レビュー】SONY ZV-1の持ちやすさUP!三脚穴問題もこれで解決

  SONYのVlogカメラZV-1の欠点の一つに、三脚穴の位置の問題があります。 カメラの底、バッテリーとSDカードの取り出し口のすぐ隣にネジ穴があるため、三脚やクイックリリースプレートを取り付けている状態での蓋の開閉ができない。 つまりSDを取り外す際は必ず三脚を外す必要があります。 これが地味に大変な作業で、特に自由雲台を使っているわたしにとって、クイックリリースプレートをカメラに取り付けるのは必須。 それを毎回取り外すのがかなり面倒でした。 この問題を解決してくれるアイテムが販売開始にな ...

ReadMore

2020/5/28

バリアングル液晶がない「SONY α7シリーズ」等の自撮用ミラーアクセサリ『UURig』。欠点もあるが無いより何倍も良い

  SONY αシリーズの弱点はCanonのように液晶モニターが自撮り撮影者の方向へ向かないこと。 つまり自撮での映像確認が本体だけだと不可能。 α6400と6600に関しては前向きになるのですが、現行α7シリーズには一切そのような機構はない。 SONYがバリアングルを搭載しないのは意地なのかCanonの特許の問題なのか・・・ そこで、手軽に自分の自撮り姿を確認できると以前α7使い達の間で話題になったアクセサリを購入しました。 それがこちらのミラー型アクセサリ。 「背面液晶が映しているものを鏡で ...

ReadMore

2019/11/25

【α7RIV】MacBookPro強し!LightroomへのRAWデータ取り込みスピードと現像レスポンスの話

  Macで現像を試す   先日、わたしの自作Windows機でα7RIVのRAWデータ100枚をLightroomに取り込むまでの時間を計ってみました。 こちら 【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・ 詳細はこの記事で ↑ 結果だけ言うと、100枚で30分でした はい。 わたしのPCスペック自体はCore i7・メモリ16GB・GTX1070でそこまで悪くはないのですが、データ取り込み時にはフリーズしかけ、編集時には次 ...

ReadMore

2019/10/11

【MOZA Mini-S レビュー】コスパ抜群!折り畳めるお手軽スマホジンバル【動画あり】

  手持ちで手振れのないカッコイイ動画を撮影したい。 でもそういう風に撮るならDJI OSMOやGoProなどがメジャーどころですが、約4万円と手が出ない方も多いはず。 しかし『ジンバル』という物を使えば、それらよりもかなり低価格で今お持ちのスマホで「とてもスムーズ」で「滑らか」な動画を撮影することができるんです。 今回ご紹介するのは、MOZA Mini-Sというジンバル。 MOZAというメーカー製で、主にジンバルなどのカメラ関係に力を入れているメーカーです。 MOZA Mini-Sは低価格なが ...

ReadMore

2019/9/19

【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・

  α7RIVを購入して一週間以上経ちました。 購入前に懸念していた6100万画素というデータ量の大きさ。 α7RIVが気になっていても、やはりこれがネックになっている人も中にはいらっしゃるはず。 自分のパソコンでちゃんと動くのか・・・? 今回はわたしの環境で100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と動作に関して書いていこうと思います。

ReadMore

お得情報

現在Amazonでは、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンを実施中です!

1000ポイント + ギフト購入額×最大2.5%分のポイントが貰えます。

Amazonギフト券初回購入で1000ポイント!

※詳細はリンク先(公式)からご確認ください

▼この記事をシェアする▼

-アクセサリ

Copyright© ましろNOTE , 2020 All Rights Reserved.