アクセサリ 製品レビュー

【レビュー】Kindle PaperwhiteのケースならFintieを選べば間違いない

2017/05/21

IMG_4015

先日Kindle Paperwhite(2015)モデルからKindle Paperwhiteの漫画モデルに買い換えました。

今まではTOTTEというものを使って裸の状態で片手で持って使っていたんですが、今回はケースを買ってみることに。

■関連記事■

 
数種類あるKindleのケースの中で、現在ベストセラー1位になっている特に安く高評価なものを選択。

とてもいい商品でしたのでレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

外観

購入したのはこれ。

 

IMG_3992

こんな形で届きます。箱ではなくビニール包装ですね。
安価で買える理由の一つでしょうか。

 
IMG_3993

IMG_3994

質感はサラサラとした手触りのPUレザー。
購入したのはネイビー。色はAmazonで見た画像よりも青が強い

この写真は明るく写っているのですが、実際はもう少し暗め。
Amazonの画像とこの画像の中間くらいの色の濃さです。

 
IMG_3995

IMG_3998

中はスポンジで保護されていました。
本体が収納される黒いケース部分はブラスチック。厚みがありしっかりしています。

 
IMG_4004

画面を傷つけないように内側はマイクロファイバーを使用。
これなら画面に保護シールがなくても大丈夫そうです。

 

装着

IMG_4005

ハマりにくいということもなく、すんなり装着できました。
ゆるいところもなくしっかりと固定されています。

画像の漫画はこちら。

 

開いた状態と折りたたんだ状態。
充電用のUSB差し込み口と電源ボタンの部分はくり抜かれています。

ケースを使うと流石に厚みは出ます。

 

レビュー

良かった点

フタにマグネットが内蔵されているため、開くと勝手に電源が付き、閉じるとスリープされる。

iPadもそのようなカバーを使っているのですが、やはり便利。
Kindleは本体の下側に電源ボタンがあるため、地味にその動作がめんどくさい。

それがなくなっただけでだいぶ楽です。

また、マグネットが意外と強く、本体を持って振っても勝手に開くことはありませんでした。

IMG_4018

なにかの拍子に開いてしまうということは少ないのではないかと思います。

IMG_4027

また、ケースを付けることによって重くなり疲れるのではないかという心配がありましたが、ケース本体の重量は109g
そこまで腕の負担にはなりませんでした。

重量と厚みが増えたことで、かえって安定性が増したようにも思えます。

 

残念な点

今のところ特になし。
あえて言うならAmazonの商品画像の色よりも若干明るかったという点でしょうか。

また気づいたら追記します。

スポンサーリンク

 

まとめ

IMG_4019

そこまで厚みが加わることなく持ち運べるケース。

純正のレザーケースは5000円くらいと高いですし、Inateckというところが出しているケースは表にロゴが入っているので躊躇しました。

 
今回このFintieというメーカーのケースを購入しましたが、色の選択肢もたくさんありますし(30種)、きっとみなさんも気に入る柄が見つかるはず。

今のところ開いたら必ず起動しますし、ストレスも感じません。

特に不満がないので、迷ったらFintieを買っておけばとりあえず間違いはないはず!

おすすめです。

■関連記事■

 

 

スポンサーリンク


-アクセサリ, 製品レビュー