アクセサリ

【PeakDesign エブリデイスリング5L レビュー】街撮りに最適!カメラバッグに見えないおしゃれさ。

更新日:

 
PeakDesign(ピークデザイン)のカメラバッグ、エブリデイスリング5Lを購入しました。

一見カメラバッグに思えないカジュアルでシンプルなデザインに惹かれたのですが、実際に手に取ってみても普段の日常使いにも十分使えるカッコよさにさらに惚れ込みました。

どうしてもカメラバッグというとおしゃれさとは離れた、言い方悪いとおっさん感が出てしまうデザインなのですが、このバッグはそんな感じが1mmもございません。

カメラが入っているとは思えない、街に自然と溶け込む美しさ。

この記事ではエブリデイスリングの外観チェックや、実際に使用してみての感想レビューを綴っていきます。

 

PeakDesign(ピークデザイン)エブリデイスリング5L ジェットブラック BSL-5-BK-1

開封・外観レビュー

ピークデザインのアイテムはいくつか持っていますが、カバン系は初めて。

靴入ってんの?みたいな分厚いオサレな紙袋に入っています。

 

サイズ

●幅:31cm
●高さ:19cm
●奥行き:11cm

グレーっぽさがない純の黒

カラーはこのブラックアッシュの2種類用意されています。

 

斜めから。

このレザーじゃないけれど光沢の出る質感がたまりません。

生地はサラサラしていますが安っぽい感じはしませんね。

現に価格は高いからね・・・。

 

裏側は3本の縫い目があるデザイン。この縫い方で耐久性効果がアップするのかも。

 

機能チェック

まずココ!

余計なベルトを収納することができます。

 

そして留め具。

これを外してあることをします・・・

6:40~を見ていくと

そう、ウエストポーチに早変わり

これすげぇなーと素直に感心しました。

この脇のポケットを利用してこういうことができるんですね。

 

またこれ!これがすごい。

カメラやってる人はわかるかもしれませんが、速写ストラップと同じやり方で長さを買えることができるんです。

1:55~

この輪っかになっている紐を引っ張るとベルトが伸び、戻すときは上部を掴みながら下方向へ。

戻すのは練習が必要です。

 

また安全機能も備わっています。

この一見普通に見えるチャック部分の先端ですが、

 

このように連結させることで防犯にもなります。

日本では後ろから開けられることはそうそうないですが、混雑した場所に行くときや海外旅行時には重宝しそうな機能です。

 

最後にこの部分。

ここにはなにか引っ掛けてもいいんですが、ピークデザインが出しているキャプチャーを装着することでカメラをすぐ取り出すことも可能。

キャプチャーの使い方はこの動画でどうぞ。

 

収容力

デフォルトではこんな感じ。ここからカスタマイズしていきます。

 

マジックテープで取り外し可能の仕切りが2つ付いています。

 

この仕切の特徴は折りたたむことができること。

このように押し込むだけで「パタン」とたためます。

 

内側にはチャックがあり、小物を入れることができる箇所が4つ。

この手前側にも10cm程度の深さの収納スペースあり。

 

反対側(背中に当たる部分)はiPad miniくらいのタブレットが入るスペース。こちらは底まで入ります。

 

外側のチャックを開けると10cm強ほどのスペースがあります。

スマホやティッシュなど小さいものが入ります。

 

実際にカメラ・レンズを入れてみた

まずわたしの基本携帯のセット

SONY α7III
SIGMA 45mm F2.8 DG DN

 

このくらいなら縦でも横向きでも入ります。

 

ここにさらにこれを入れます。

SONY FE 24-70mm F2.8 GM(SEL2470GM)

 

するとこんな感じ。

チャックは閉まりますがけっこうキツキツです。

ちなみに「α7III + FE 24-70mm F2.8 GM」で入れると仕切りが使えないので、それ以上レンズを入れるのは難しいです。

 

このくらいの三脚はこうやってギリ入る収納力ですね。

チャックは閉まりますが、大きいレンズを付けていると厳しいかも。

 

注意

ネックストラップを付けている場合、交換レンズを入れるスペースに注意・・・

 

エブリデイスリング5L レビューまとめ

こんな方におすすめ

  • カメラバッグに見えないおしゃれさを求めている
  • 交換レンズは1本まで(小さいもの)
  • 街撮り、ちょっとしたお出かけ用
  • 見せてもらおうか、ピークデザインの性能とやらを

望遠レンズは入らないため、基本的にちょっとしたお出かけに使うカメラバッグだと思ってください。

短めのレンズをつけたカメラと、財布とスマホを入れる。

こんな風に使いたい方におすすめなバッグですね。

一見カメラバッグに見えないので、普通にカバンとしても使えるので一石二鳥

ほんとにかっこいいです。

以上、PeakDesign エブリデイスリング5Lのレビューでした!

2019/11/25

【α7RIV】MacBookPro強し!LightroomへのRAWデータ取り込みスピードと現像レスポンスの話

  Macで現像を試す   先日、わたしの自作Windows機でα7RIVのRAWデータ100枚をLightroomに取り込むまでの時間を計ってみました。 こちら 【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・ 詳細はこの記事で ↑ 結果だけ言うと、100枚で30分でした はい。 わたしのPCスペック自体はCore i7・メモリ16GB・GTX1070でそこまで悪くはないのですが、データ取り込み時にはフリーズしかけ、編集時には次 ...

ReadMore

2019/10/11

【MOZA Mini-S レビュー】コスパ抜群!折り畳めるお手軽スマホジンバル【動画あり】

  手持ちで手振れのないカッコイイ動画を撮影したい。 でもそういう風に撮るならDJI OSMOやGoProなどがメジャーどころですが、約4万円と手が出ない方も多いはず。 しかし『ジンバル』という物を使えば、それらよりもかなり低価格で今お持ちのスマホで「とてもスムーズ」で「滑らか」な動画を撮影することができるんです。 今回ご紹介するのは、MOZA Mini-Sというジンバル。 MOZAというメーカー製で、主にジンバルなどのカメラ関係に力を入れているメーカーです。 MOZA Mini-Sは低価格なが ...

ReadMore

2019/9/19

【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・

  α7RIVを購入して一週間以上経ちました。 購入前に懸念していた6100万画素というデータ量の大きさ。 α7RIVが気になっていても、やはりこれがネックになっている人も中にはいらっしゃるはず。 自分のパソコンでちゃんと動くのか・・・? 今回はわたしの環境で100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と動作に関して書いていこうと思います。

ReadMore

2019/10/11

【PeakDesign エブリデイスリング5L レビュー】街撮りに最適!カメラバッグに見えないおしゃれさ。

  PeakDesign(ピークデザイン)のカメラバッグ、エブリデイスリング5Lを購入しました。 一見カメラバッグに思えないカジュアルでシンプルなデザインに惹かれたのですが、実際に手に取ってみても普段の日常使いにも十分使えるカッコよさにさらに惚れ込みました。 どうしてもカメラバッグというとおしゃれさとは離れた、言い方悪いとおっさん感が出てしまうデザインなのですが、このバッグはそんな感じが1mmもございません。 カメラが入っているとは思えない、街に自然と溶け込む美しさ。 この記事ではエブリデイスリ ...

ReadMore

2019/10/11

【α7RIVレビュー①】α7IIIと比較した率直なファーストインプレッション

  α7RIVは買わないと言ったな。 あれは嘘だ。 数日前まで買う気はなかったSONYフラッグシップミラーレス一眼α7RIV。 でもいつか買うだろうなー。 買うなら早いほうがいいよなー。 とか思っているうちに届きました。α7IIIからの買い替えとなります。 α7IIIは現在最安18万円台辺りですが、買取額が14万円程とまだまだ高額で、売るなら今だったわけです。 今回のレビュー記事では、α7III世代から細かいところが変わったα7RIVの違いを見つけながら評価していきたいと思います。

ReadMore

お得情報

現在Amazonでは、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンを実施中です!

1000ポイント + ギフト購入額×最大2.5%分のポイントが貰えます。

Amazonギフト券初回購入で1000ポイント!

※詳細はリンク先(公式)からご確認ください

▼この記事をシェアする▼

-アクセサリ

Copyright© ましろNOTE , 2019 All Rights Reserved.