カメラ

▼この記事をシェアする▼

【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・

投稿日:

 
α7RIVを購入して一週間以上経ちました。

購入前に懸念していた6100万画素というデータ量の大きさ

α7RIVが気になっていても、やはりこれがネックになっている人も中にはいらっしゃるはず。

自分のパソコンでちゃんと動くのか・・・?

今回はわたしの環境で100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と動作に関して書いていこうと思います。

α7RIVデータ量

RAW(1枚) JPEG(1枚)
120MB前後 30MB前後

おおよそこんな感じ。

やっぱでかいなぁw

RAW2枚で30分の動画くらいあるじゃん・・・

 

Lightroomに取り込むまでの時間

マシンスペック

わたしが普段写真編集している環境を簡単に書いて行きます。

CPU Core i 7(5年くらい前の)
メモリ 16GB
GPU GTX-1070
自作だよ

メモリは弱いですが、α7Ⅲのデータであればサクサク編集できるスペック。

これがα7RIVのデータだとどうなるか。

 

100枚突っ込んだ結果・・・

100枚Lightroomに取り込んでみた結果かかった時間は・・・

30分!

一応時計見ていたのでちょうど30分くらいで終了しました。

遅かったぁ。

1枚120MB×100枚=12000MB

12GBですからね。それは時間かかります。

ちなみにですけど使っているSDはUHS-1です。

UHS-2を使うと変わってくるのかは、お金がないので検証できません!

 

取り込み中のPC動作

100枚を取り込んでいる最中、パソコンを動かそうと思ってもあまり動かんのよ。

カーソルはしっかり動くけど、ネットがカクカクになる。

やはりメモリ16GB程度じゃ取り込み中の作業は厳しいでしょう・・・。

数十分は待機だね

取り込んだあとは若干Chromeフリーズしてました。すぐ直ったけど。

 

Lightroomの編集中の動作

明るさなどの調整はストレスなく意外とちゃんと動く。

ただし、ズームや次の画像に移動する時の動作はややもっさり。

まあ・・・一応我慢できる程度でした。

 

結論

わたしの環境で行けなくもないが、ややストレスは溜まる。

おそらくサクサクLightroomを動かせる環境は

Core i 7(最新上位クラス)、もしくはCore i 9以上。
メモリ32GB~64GB以上
グラボは各メーカーの最上位クラスは欲しい。

ごく普通のノートPCではまず動かんと思われ。

100枚程度で「30分待ち」&「若干もっさり」なので、一度に数百枚撮る人は外出前とか寝る前にデータ取り込んでおいたほうがいいんじゃないかなーと思います。

 
今回の情報が、これからα7RIVを買おうと思っている方が少しでも参考になれば幸いです。

Amazonギフト券購入でお得!

実はあまり知られていないお得情報!

現在Amazonでは、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイントが貰えるキャンペーンを実施中です!

1000ポイントに加え、ギフト購入額×最大2.5%分のポイントが貰えますので、ぜひ使ってみてください。

Amazonギフト券初回購入で1000ポイント!

※詳細はリンク先(公式)からご確認ください

▼この記事をシェアする▼

-カメラ

Copyright© ましろNOTE , 2019 All Rights Reserved.