Apple Watch3購入。僕がセルラーではなくGPSモデルを選んだ理由【簡易レビュー】 | ましろNOTE

Apple レビュー

Apple Watch3購入。僕がセルラーではなくGPSモデルを選んだ理由【簡易レビュー】


2017/10/11

IMG_5804

 
いつもましろNOTEをお読みいただきありがとうございます。管理人のMiD(@mashironote)です。

Apple Watch Series3が、本日2017年9月22日(金)についに発売されました。

iPhoneを使い初めてもうすぐ10年経つユーザーの僕ですが、Apple Watchにはなぜか手を出していませんでした。

自分でもなぜだかわからない。
なぜか興味がなかった。

見えない何かが邪魔をしていたのだろうか・・・。

 
さて、今回そんな僕が今さらSeries3に手を出してみようかと思ったその理由は、セルラーモデルが出ると聞いたからです。

発表会は聞けなかったのですが、朝に情報集めをして色々なことがわかってきました。
デザインは基本的に従来と変わらず、今までのGPSモデル+セルラーモデルが出るということ。

しかし最初はセルラーがいいかと思っていたところ、様々な点を考慮するうちに「セルラー」いらなくね?

って思い始めてきたのです。

そして実際に僕が購入したのはGPSモデル。(調べてるうちに普通のも興味が出てきちゃった)

今回の記事では、なぜ魅力的に思えるセルラーにしなかったのか、その理由をいくつか述べていきます。

スポンサーリンク

①電話が来ない

img1


一番重要なことよね・・・

そう。
僕には電話がこない。

そのセルラー版の魅力の一つは、Apple Watch単体で通話ができるということ。

しかし。
電話をApple Watchでする必要のない人はぶっちゃけこの機能使わない。

それも通話を1時間してしまったら電池切れになるという深刻なスタミナ不足ときた。
これは何とも言えない。

iPhoneが近くにあればGPS版でもApple Watchで通話できます

 

②走らない泳がない

img1

スポーツをする人など、今までApple Watchを機能させるにはiPhoneを身に着けている必要があった。
それがセルラー版では不要になったのです。

今までiPhoneに来ていた電波をeSIMとかいうのでApple Watch単体で受信できるようになり、電話番号も共有できるのだそう。

でも、

 
僕運動しないじゃん?

 
iPhoneを身に着けずに出かけるとかありえないと思っているし、そもそも電話来てもApple Watchにしゃべりかけるとか無理。

ハンズフリーで耳のヘッドセットで話してる人ってたまに見るんですけど、ぱっと見ハンズフリー会話しているって気づかないと、

やべぇやつ来た・・・

って思うんですよね。

にやにやしながら独り言しゃべってるように見えて僕は一歩引いてしまう。

 
Apple Watchに関しては時計にしゃべりかけるのでまだいいのか???

ってか相手の声筒抜けだし、建物内とかでは結局使いたくない。

 
唯一使えるかなって思うのが「運転中」。
口からけっこう話しても聞こえるっていうのでその点はいいかも。

iPhoneが近くにあればGPS版でもApple Watchで通話できるんだけどね

 

③通知が見られればいい

img1 (1)

Apple Watchでいいのはやはり通知機能でしょう。

瀬戸弘司さんも言っていますが、通知ツールとして素晴らしい。

iPhone・・・ってかスマホって、鞄に入れるとバイブわかんないんですよね。
僕はなるべくポケットにスマホ入れたくないので(ゴロゴロするから)、鞄に入れて通知がわかるのは本当に便利。

ブログやってるといろんなところからメールくるので、すぐ確認すべきメールなのかどうか、鞄に入っているとわからない。

すぐに腕だけ見て通知確認できるのはそれだけで大きなメリットです。

 
iPhoneを常に身に着けている僕にとって、セルラーである必要も特にない。

通知ツールとして機能すればそれだけで十分。

 

セルラーは高い

img1 (3)

一番安いスポーツバンドを例にしてみます。

38mm(GPS) ¥36,800
42mm(GPS) ¥39,800

38mm(GPS+ Cellular) ¥45,800
42mm(GPS+ Cellular) ¥48,800

 
9,000円差ですね。

これが高いのか安いのかはその人の価値観次第ですが、性能的には2種とも変わらないので約1万の差は僕的には大きい。

またキャリアに毎月お金を取られるので、その積み重ねはでかい。

スポンサーリンク

④MVNOは使えないってさ。IIJmioもだめだった・・・

img1 (2)

今回セルラー版が対応しているのは、ドコモ・AU・ソフトバンクの3大キャリアのみ

格安SIM会社も半分以上発売前から諦めている状態で、唯一行動していたのは僕が使っている「IIJ」くらい(たぶん)。
しかし、

発売前のIIJ ↓


Appleが対応させる気がなければ難しいみたい。

そして発売日 ↓


本日実機を手に入れたIIJが試した結果もよろしくない様子。

そうです。

格安SIMを使っている僕は、そもそもセルラーを購入しても使えなかったのです・・・

今後対応される可能性はありますが、僕自身は上で述べたように特に必要を感じないのでGPSモデルを使い続けます。

対応されても月額払うだろうし、ちょっと考えるかな。

 

まとめ

IMG_5805

とりあえず今Apple Watchのセルラー・GPSのどっちにしようか検討している人は、自分がiPhoneを身に着けずに行動するかどうかで決めた方がいいのかも。

3大キャリアを使っているというのは大前提。

 
スマホ依存の人は無理かもだし、人前で時計に話しかける勇気があるかどうかも大事

「セルラーにしてよかったこと」みたいな記事が今後他のブロガーさんが書くと思うので、それを見てから決めてもいいかもしれませんね。

 

追記:2週間ちょっと使ったレビュー

9月21日に手元に届いたAppleWatch。
あれから毎日付けています。仕事でもプライベートでも全部。とにかく外に出かけるときは必ずAppleWatch。


めっちゃ気に入りました!

なぜこれだけいいのかというと、やはり第一に通知です。

歩いているとき、仕事中でもいつでも見られる。

メールの中身まで確認できるので、わざわざiPhoneを取り出して見て「メルマガかい!!」と思うことがなくなりました。

仕事中なんて普通はスマホ取り出せないですからね。時間見るふりしてメール見てます! すぐに返信する必要があれば抜け出していくことができるので、ほんと便利。

天気アプリなんて雨雲レーダーで降りだしそうな時も教えてくれるし。

これだけでも4万の価値ある。

心拍数測れたり面白いですよ!

 
また画面表示のカスタマイズができるので、僕は「時刻」「日付」「天気(現在の温度、最低最高気温)」そしてよく使用するアプリを3つすぐに起動できるようにセットしてあります。

ボイスメモもトップ画面からボタン一つで起動できるようにしたので、仮に上司から「このハゲ――!!」と言われても即時に録音できます。

これは使えるぞ。

 
悪い点としては、まず「時計のチラ見ができない」こと。

常時点灯している必要はないと考えてはいますが、時間をちょっと見たい時に見ることができない。AppleWatchは水平近くにしないと表示されないのでそこがキツい。

また「腕組みするとなんか押しちゃってる」ことがある。

左手が下の組み方なので、腕を組むと腕が水平になり表示され、タッチできる状態に。いつの間にか表示が変わっていることもあったり。

 
でもやはり総合的に見て、僕は買って正解でした。

これを使うと普通の時計には戻ることができません。それくらいの今では良き相棒です。

 

■関連記事■

 

スポンサーリンク



-Apple, レビュー
-