カメラ

【α7RIVレビュー①】α7IIIと比較した率直なファーストインプレッション

更新日:

 

 
α7RIVは買わないと言ったな。

あれは嘘だ。

数日前まで買う気はなかったSONYフラッグシップミラーレス一眼α7RIV

でもいつか買うだろうなー。

買うなら早いほうがいいよなー。

とか思っているうちに届きました。α7IIIからの買い替えとなります。

α7IIIは現在最安18万円台辺りですが、買取額が14万円程とまだまだ高額で、売るなら今だったわけです。

今回のレビュー記事では、α7III世代から細かいところが変わったα7RIVの違いを見つけながら評価していきたいと思います。

α7RIVレビュー(外観編)

正面

:α7III
:α7RIV

メモ

地面が平らではないため若干の傾きがありますご容赦ください・・・

正面からの見た目はほぼ変わらず。

「7III」の文字から「7R」にグレードアップしたのはよくわかります。

 

側部の蓋

側部の蓋の形状がかなり変わりました。

 

従来(左)はなんでこんな蓋にしたのか到底理解できない作り方で、充電させる気あるのか疑問に思う設計でした。

今までは開けるとブランブランしてて、いつか千切れるんじゃないかと心配してた・・・
あと充電用のMicroUSBをなぜか隠すデザインになっていたわけ

ですが相当言われてきたのでしょう。完成させてきましたSONYさん。

これですこれ!横開き!

これなら文句ありません。ありがとうございます。

 

グリップ

またα7RIVの大きな変更点はグリップサイズ。見て分かる通りかなり形状が変わりました。

実際持ってみた感想ですが、従来とは全然違います。予想よりもがっちりとしていて、わたしの場合指の先端がボディにギリ届きません

今までのα7IIIではグリップが短かったので若干窮屈さが感じられましたがそれがなくなり、力強く握ることが可能になりました。

 

シャッターボタン

さらに、シャッターボタンの高さと傾きが変わったのにも気づいたでしょうか。

なんか盛り上がって角度付いてるー!

元々わたしはCanon使いで、SONYのα7IIIに乗り換えた時に一番違和感があったのはシャッターボタンでした。

人差し指の位置が人間工学に基づいて作られていないような、若干無理な形。

それを今回直してくれましたね。

グッジョブ!

 

ダイヤル

あと上から見える部分で変わった箇所は、「M」モード等を変更するダイヤルと露出補正ダイヤル上部にスイッチが付きました。

メモ

もともと「R」シリーズには付いているものです(モードダイヤル部のみ、露出補正側はなかった)。
無印にはどちらもなかった。

わたしはほぼ「M」しか使わないので勝手に変わることがないこのスイッチはありがたいですが、押し込みながらダイヤルを回す必要があるので頻繁にモードを変える人には邪魔かもしれませんね。

露出補正ダイヤルに関しては、スイッチを「押し込んだ状態(ロック)」「押し込んでいない状態(変更可)」の切り替えができます。

まあ・・・正直これはいらないかな。

 

ボタン類

 

続いて背面。

ピンぼけSorry

外見で変わった部分は「全体的なボタンの作り」と右上真ん中のダイヤルの位置。そしてジョイスティック。

ボタンサイズがそれぞれ若干大きくなったので、押した感触がすごく良い

今まではボタンを押してもそこまで奥行きがなかったのですが、今回は押してる感がしっかりある。

このあたりもすごく改良されているなと感じます。

「AF-ON」ボタンは特に巨大化されましたが、ここにわたしは「フォーカススタンダード」を割り当てているので非常に押しやすくなりました。

右上のダイヤルに関しても、ここはたしかに以前は回しにくかった。

改善されて少し高さが上がったのでめっちゃ回しやすい~!回すクリック感が少し柔らかくなり更に精錬された作りになりました。

 

SDカード蓋

SDカードの取り出し部分も変わりました。

見にくいかもしれませんが、従来は左のように蓋を開けるスイッチがあり、今回は蓋自体を左にスライドさせると開くという方法になっています。

これは正直どちらでもいいです。

誤作動で開いちゃう人がいたんでしょうかね。今回はけっこうがっちり閉まってます。

スロット1と2の位置が逆になったのも変更点です。

スロット1が左になりました。

UHS-2規格のSDカードカードが2枚挿せるようになったのですが、バカみたいに高いので当分はⅠのままですね。

 

EVF

EVF(電子ビューファインダー)が綺麗になりました。

α7IIIは236万画素だったのに対し、α7RIVは576万。およそ倍ですよ倍。

α7IIIはさすがに映像感バリバリでしたが、かなり自然に見えるようになっています。

たださすがにレフ機と比べてしまうとまだまだですが、かなり鮮明になり見えやすくなったのは間違いないです。

(でもEOS Rのほうが綺麗に感じたのはわたしだけ??)

 

シャッター音

なんというか・・・

えらい優しい音になった・・・

屋外だったら音聞こえなさそう・・・

そんな、優しさ・・・

 

外観レビューまとめ

今回はまだ買いたてなので外観チェックのみですごめんなさい。

作例はまた次回にしたいと思います。

とりあえずちょっと室内を撮影した第一印象としては、

 
これカメラというか、顕微鏡??

 
等倍で見た時のエグさよ。

人を撮るとあかんことになりそうで逆に楽しみです。

α7RIVのレビュー記事はいくつか作るつもりなのでまた読みに来てください。

2020/6/20

【ZV-1 レビュー①】YoutubeのVlogカメラとして使えるのか。良かった点・気になった点を挙げていく

  Vlog用に特化した新しいカメラ、SONY ZV-1(シューティンググリップ付セット)を購入しました。 この記事では、購入理由、使っていてすぐにわかった良い点・気になる点のファーストインプレッション、4K動画、背景ボケや商品レビュー用設定等の新機能について簡単にお話させていただきます。 ついに買ってしまったわー! 手軽に撮れる撮影用カメラっていいですね。ちょっと触らせてください やだー ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1 created by Rinker ソニー( ...

ReadMore

2020/5/28

バリアングル液晶がない「SONY α7シリーズ」等の自撮用ミラーアクセサリ『UURig』。欠点もあるが無いより何倍も良い

  SONY αシリーズの弱点はCanonのように液晶モニターが自撮り撮影者の方向へ向かないこと。 つまり自撮での映像確認が本体だけだと不可能。 α6400と6600に関しては前向きになるのですが、現行α7シリーズには一切そのような機構はない。 SONYがバリアングルを搭載しないのは意地なのかCanonの特許の問題なのか・・・ そこで、手軽に自分の自撮り姿を確認できると以前α7使い達の間で話題になったアクセサリを購入しました。 それがこちらのミラー型アクセサリ。 「背面液晶が映しているものを鏡で ...

ReadMore

2019/11/25

【α7RIV】MacBookPro強し!LightroomへのRAWデータ取り込みスピードと現像レスポンスの話

  Macで現像を試す   先日、わたしの自作Windows機でα7RIVのRAWデータ100枚をLightroomに取り込むまでの時間を計ってみました。 こちら 【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・ 詳細はこの記事で ↑ 結果だけ言うと、100枚で30分でした はい。 わたしのPCスペック自体はCore i7・メモリ16GB・GTX1070でそこまで悪くはないのですが、データ取り込み時にはフリーズしかけ、編集時には次 ...

ReadMore

2019/10/11

【MOZA Mini-S レビュー】コスパ抜群!折り畳めるお手軽スマホジンバル【動画あり】

  手持ちで手振れのないカッコイイ動画を撮影したい。 でもそういう風に撮るならDJI OSMOやGoProなどがメジャーどころですが、約4万円と手が出ない方も多いはず。 しかし『ジンバル』という物を使えば、それらよりもかなり低価格で今お持ちのスマホで「とてもスムーズ」で「滑らか」な動画を撮影することができるんです。 今回ご紹介するのは、MOZA Mini-Sというジンバル。 MOZAというメーカー製で、主にジンバルなどのカメラ関係に力を入れているメーカーです。 MOZA Mini-Sは低価格なが ...

ReadMore

2019/9/19

【α7RIVレビュー②】100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と編集動作は・・・

  α7RIVを購入して一週間以上経ちました。 購入前に懸念していた6100万画素というデータ量の大きさ。 α7RIVが気になっていても、やはりこれがネックになっている人も中にはいらっしゃるはず。 自分のパソコンでちゃんと動くのか・・・? 今回はわたしの環境で100枚のRAWデータをLightroomに取り込むまでの時間と動作に関して書いていこうと思います。

ReadMore

お得情報

現在Amazonでは、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンを実施中です!

1000ポイント + ギフト購入額×最大2.5%分のポイントが貰えます。

Amazonギフト券初回購入で1000ポイント!

※詳細はリンク先(公式)からご確認ください

▼この記事をシェアする▼

-カメラ

Copyright© ましろNOTE , 2020 All Rights Reserved.